【あなたも知らない間に熱中症?】怖い5月の熱中症

みなさんこんにちは!
コンビニフィットネス日暮里店の岡です。

まだ5月だというのに、例年より暑い日が多く感じられますね。

実際、既に25℃以上の夏日、30℃以上の真夏日を観測している地域もあり、
全国的に平年を上回る気温であることが分かりますね。

今年は地球全体としても気温が高い傾向にあるようで、
夏は猛暑になる可能性が高いと言われています((+_+))

今日は、暖かくなってきた今こそ注意したい
熱中症についてご紹介します!

実は、5月に熱中症で病院に搬送される人は、
約2,800人もいるというデータもあります。

5月の熱中症は真夏にかかる熱中症とは一味違うのです。

この時期は、日中とても暑かったり夜は肌寒かったりと寒暖差が激しく、
寒い時はより寒く、暑い時はより暑く感じてしまいます。

また、気温が上がり始めてくる季節のため、
身体が順応できずに暑さになかなか慣れることができないのです(p_-)

日陰に入ると涼しいですが、日差しはどんどん強くなっています。

『暑い』と感じていなくても体温は上がっていたり、
『喉が渇いた』と感じていなくても体内の水分はどんどん失われているのです。

春は思っているよりも身体への負担が大きい季節なんですね。

それでは、熱中症対策にはどんな方法があるのでしょうか?

やっぱり大事なのは、皆さんが当たり前に行っている
①水分補給
②日差しを避ける
などですよね!

『喉が渇いたな』と思ってから水分補給をするのでは遅いのです!(・o・)

喉が渇く前に、意識的に水分を摂りましょう。

1日あたり2リットルを目安に摂取するのが理想です!

一気にはたくさん飲めなくても、
一日かけて少しずつ飲むと意外と飲めちゃいますよ(^o^)

水分を摂ると、その分排尿も促進されます。

排泄をしっかりすることで、体内の毒素が排出されやすくなり
むくみ解消やダイエット、デトックス効果なんかも期待できます!

日差しを避けるためには、帽子・日傘が代表的ですね。

また、日光を直接肌に浴びると、日にも焼けますし体感温度も高くなります。

できるだけ露出を避け、風通しの良いさらっとした服を羽織るのがオススメです!

さらに紫外線は目からも体内に入り込んでくると言われています。

明るすぎる場所にずっといると、目がちかちかして
気分が悪くなったり吐き気がしてきたりしますよね(*_*)

眼球を守るために、サングラスをするのもGOODです!

サングラスを選ぶ際には、
レンズの色が濃すぎないもの・大きめのレンズがいいそうです。

レンズの色が濃いと、太陽光を集めてしまって紫外線を多く取り込んでしまうんですね。

レンズが小さいと、横・上からも紫外線が入り込んでしまうので、
できるだけ大きい方が良いのです!

それでは、万が一身近な人が熱中症になってしまったら
どのように対応すれば良いのでしょうか?(>_<)

特に体温を下げることが重要になりますので、
まずはとにかく涼しいところへ移動させて、
横にさせ、脚を高く上げさせましょう。

着ている服は、脱げる範囲で脱がせてあげましょう。

靴・ヘルメット・体を締め付けるような服やアクセサリーは
熱中症の症状がある時にはとても身体に悪いです。

血液の温度を下げると身体の温度が早く下がります。

身体に水をかけたり、濡れタオル・氷などで身体を冷やします。

その時、大きな動脈が流れている
首筋・脇の下・足の付け根を冷やすと効果的です(*^_^*)

なるべく水もしくは経口補水液などで水分補給をさせましょう。

スポーツドリンクは少し薄めて飲ませてあげると、
身体への吸収率が良くなります。

ここまで、熱中症にならない為の対策と、
なってしまった時の応急処置方法をご紹介いたしました。

知識は何よりの武器になります。

これからの暑い季節に負けないよう
トレーニング・ダイエットに取り組みましょう!

運動が苦手な人のためのリラックス&フィットネス
コンビニフィットネス日暮里店
03-5615-2031

自宅でできる、やわらかい体づくり 楽しい「ながら体操」動画公開中!