【椅子スクワット 上級】 自分でできる1分トレーニング  コンビニフィットネス 日暮里店

皆さん!!こんにちわ!!!
コンビニフィットネス日暮里店の福田です
今日は椅子を使ったスクワット【上級】をご紹介します!(^^)!
上級は中級では物足りない方が対象です

無理しない!!!!でいきましょう!!

筋トレは種類が沢山ありますが、その中で1つだけ選ぶなら、スクワットと言うトレーナーや医者がいるほど、大事なトレーニングです。

とある整形外科の病院では、とにかくスクワットをさせることで、怪我や筋力低下のリハビリを行っているところもあります。

もちろん、スクワットにはリハビリ効果だけではなく、あらゆるトレーニングの中でもダイエット効果も抜群です

なぜでしょうか?

人間の身体で一番大きな筋肉が太ももの前の筋肉と、お尻の筋肉です。

脂肪などを燃やすには身体の『代謝』をあげる必要があります。

筋肉は大きいほど代謝が高くなって、小さければ代謝も下がります。
なので、身体の中でも大きい脚の筋肉を鍛えることで、効率よく代謝を上げてダイエットをすることができます。

特にスクワットは脚やお尻だけでなく、体幹の筋肉、ふくらはぎ、すねとたくさんの筋肉を使うので、それだけ代謝を効率よく上げることができます。

また、脚の筋肉が弱ると動くことがどんどん億劫になって、運動量が落ちてしまい、動かない→弱る→ふとるの悪循環に陥ってしまいます。

特にお年寄りの場合は、歩くことも難しくなって、最悪寝たきりの状態になってしまいます

そうならないためにも、脚の筋肉をトレーニングしておくことは重要です

ただ、意外とスクワットは難しいんですよ。

よくある間違いが、

ひざだけを屈伸していたり(ひざを痛めやすいです・・)

おじぎしているだけで、脚が全然動いていなかったり・・・(脚の筋肉が使えていません)

深くしゃがめなくて、ちょこちょこ動かしているだけだったり・・(無理にしゃがまなくていいですよ!!)
スクワットとは、股関節を曲げてお尻を下げる運動です!!!

と、言ってもよく分かりませんね・・

日常でやる動きでは、『椅子に座ったり立ったりする』動作が一番近いです。

だから、自分でやるときは椅子を使ってやるのが一番簡単に正しくできます。

しかも、椅子があれば後ろに転倒する危険も少ないので、しっかりと下までしゃがめて効果も高いです。

パーソナルトレーナーなどもよく、お客様に教えるときに使うテクニックです。

と、ここまで長々と書いてきましたが、やり方は簡単です。

※やり方※

①椅子に浅く腰掛ける

②肩幅に足を広げる

③かかとをひざよりも、うしろに置く
※かかとが浮く人は浮かないぐらいのところか、かかとに板をはさむとやりやすい。

④手を前ならえの形で、肩の前に真っ直ぐ伸ばす

⑤少しお腹を前に突き出すように、背すじを伸ばす

⑥椅子から立ち上がる(出来る範囲で身体を立てたまま行う)

⑦椅子にお尻を『チョン』とつけて(座らない!けど、椅子にはお尻がつくまで)立ち上がる

これを10回で1セット、3セット行う!!!

 

 

※ポイント※

・身体を立ててやると脚に効きやすい

・立ち上がるときに吐いて、座る時に息を吸う

・かかとからつま先まで地面についていること

・重心はかかとからつま先まで均等に乗せる

・顔は真っ直ぐ前を見る

・立つときはひざが伸びきるまで、しっかり伸ばす

・チョンとつけるときに少しゆっくりやる

・椅子は低いほうがより強いトレーニングになる

今回はここまで!!

また、自分でできる1分トレーニングをご紹介します!!!

運動が苦手な人のためのリラックス&フィットネス

コンビニフィットネス日暮里店

03-5615-2031

自宅でできる、やわらかい体づくり 楽しい「ながら体操」動画公開中!